--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.12

3月11日の募金活動について

3月11日。
東日本大震災から、ちょうど1年。

福岡の高校生一万人署名活動実行委員会は、この日、被災地への義援金を集めました。
普段の活動に参加してくれている実行委員を中心に呼びかけを行い、様々な高校の生徒さんが集まって活動を行いました。
普段活動を行っている大画面前に加え、パルコからコアに続く横断歩道の前、マクドナルド側の道路の三箇所に分かれて活動しました。

金額の発表は控えさせていただきますが、二時間の活動でかなりの額が集まりました。
日本赤十字社に送り、復興に使わせていただきます。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。



また、今回は募金活動以外に、被災地へ送る寄せ書き作りと、路上写真展、そして震災発生時刻には黙祷も行いました。

寄せ書きは、全部で140人以上の方にメッセージを書いていただきました。
こちらは被災した岩手県陸前高田市の高田高校に送る予定です。
文面から書いてくださった方の被災地への想いを感じ取り、心打たれました。

路上写真展の写真は、高田高校2年の佐々木沙耶さんと、先日東北地方へ行かれた第11代高校生平和大使の大神櫻子さんに提供していただきました。
また、写真のデータを送るにあたり、高田高校の諸先生方にもご協力いただきました。
本当にありがとうございました。
通行人の方だけでなく、高校生の活動メンバーもじっくりと眺めて思いを巡らせていました。

14:46は1分間の黙祷を。
メンバーだけではなく、通行人の方の中にも足を止めてくださった方の姿が多く見られました。
あの賑やかな天神駅が静まり返った一瞬は忘れられません。





陸前高田市に住む、私の友人がこう言っていました。
「義援金がもらえることがうれしいのではない。
 募金という形で僕たちを思いやってくれることが何より嬉しい。」





うまくまとめられませんが、
ビリョクだけど、ムリョクじゃない。
という私たちのスローガンは、なにも、核兵器廃絶のためだけのスローガンではないんだな、と。
何事も、自分の出来る限りの事をするにこしたことはないのだな、と感じました。

署名活動と平行して募金活動を行うことは正直、とても難しいです。
それでも、2ヶ月に1回でも、3ヶ月に1回でもいい、とにかくこの支援の輪を途切れさせてはいけないのだと思いました。
「募金活動を行う」ということ自体が、被災地の力になっているのかもしれないと感じました。



最後になりましたが、今回ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://koukousei10000.blog129.fc2.com/tb.php/39-4e7b3c75
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2013.01.30 03:39 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.07.21 10:51 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.07.25 05:11 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.07.28 09:17 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.08.09 18:42 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.08.12 22:43 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2014.08.28 16:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。